2017年02月04日

小島秀夫監督がNintendo Switchの感想を明らかに

「メタルギア」と「DEATH STRANDING」で知られる小島秀夫監督が任天堂の次世代機Switchに対する考えを明らかにした。
オーストラリアのゲームイベント「RTX Sydney」でIGNのインタビューに応じた小島監督は、家の中でプレイしていたゲームをそのまま外に持っていけるという概念が特に気に入ったと話している。
「ご存知かもしれませんが、僕が前に作ったゲームの機能で、セーブデータをPS VitaからPS3に移して、行ったり来たりできる『トランスファリング』というのがありました」と小島監督はIGNに話す。「思うに(Switchは)そのアイディアを拡張したものです。家でプレイしていたゲームをそのまま外に持っていけるというのは、ゲーマーの夢ですから。Switchはそれの進化形ですね」


この記事へのトラックバックURL

http://chirue.fukuokablog.jp/t11342
上の画像に書かれている文字を入力して下さい